木のある|kinoaru(キノアル)

自然素材と丸太で手作りした
インテリアと雑貨たち

自然を上手に取り入れて、もっとわたしらしい暮らし。

緑とカゴと丸太スライス

オシャレが好き、
手作りのものが好き
大切な人に、ささやかな
贈り物をするのが幸せ

ささやかな贈り物イメージ

無理はしていないつもり
でも、時々ちょっと疲れてしまう。
こんな時代だからこそ

ほっとする時間

ひととき、ほっとする時間を持ちたい。
たまには、自分ファーストでいなくちゃ。

“木のある”Kinoaru...

わたしの暮らしは、
さりげなくて、いとおしい。

丸太スツールを手のひらで感じる

目で感じて、鼻で感じて、手のひらで感じて
毎日の疲れを包み込んでくれる。

窓際の植物たち

今日も"わたし"らしくポジティブに。

Q & A

丸太スツール
丸太には塗装をされていますか?
木そのものの香りを生かしたいので基本的には無塗装です。お好みでワックスや塗料をご使用されても構いません。その際は、自然塗料のものをお勧めしております。
丸太の断面
丸太には、なぜヒビが入っているのでしょうか?
一般的に丸太など芯のある材を『芯持ち』と呼びます。木の特性として、芯持ちの材は乾燥していくにつれ芯に向かって少しずつヒビが入ります。その木の特性にもよりますが、たいていのヒビは芯にまで到達するとある程度おさまります。乾燥とともに木の細胞が膨張、伸縮をしているから起こります。それは木が伐採されてもなお呼吸を続け、ずっと生き続けている証拠でもあります。
商品の梱包イメージ
商品の梱包はどのようにされていますか?
当社では自然環境に配慮した簡易包装を主軸にしつつ、商品を傷つけないよう大切に梱包してお届けします。ポリエチレン製の緩衝材等はなるべく使用せず、作業工程で生まれるチップ材やかんなくず等で代用しております。そのままゴミとして捨ててもちゃんと自然に帰るものを選んでおります。ダンボールを開けた瞬間の、ふんわりと広がる木の香りをお楽しみください。